読書や日記

読書の記録や日記です。

19 教養としての「地政学」入門

教養としての「地政学」入門

教養としての「地政学」入門読了。

地政学についての書籍は本当に多くなっているが、出口さんはどのような切り口で書かれるのだろうと思って購入。

 

内容としては出口さんらしい、世界史の切り口から描かれている書籍でした。

古代エジプトメソポタミアの比較に始まり、海・陸の地政学について述べられていくのですが、1番面白かったのはやはり日本の地政学

 

自分の備忘のためにもまとめます。

1.日本の現状

(1)日本の地政学的現状→隣国と仲が悪い

日本はロシア・北朝鮮・韓国・中国・台湾全ての国と領土の懸念を抱えている

→しかし日本は落ち着いている。アメリカと軍事同盟を結んでいるから?

いずれにせよ周囲全てと火種を抱えているのは異常事態。

(2)日本の地政学的位置→ロシア・中国が太平洋に出ようとすると邪魔

⇨(1)(2)より日本は周囲とトラブルの火種を抱えており大陸2大国家が太平洋に出る障害となる国

 

2.どこの国と組む?

★大前提

日本は経済大国であり小国に安全保障を求めるのは無理。

選択肢はアメリカ・中国・EU

(1)アメリ

1番現実的。国民感情も悪くない。

(2)中国

アメリカが最も嫌がる。GDPの2位と3位の連合だから。中国に対してのメリットになる。

しかし国民感情が悪い。政治体制も違う。

現実的に難しい。

(3)EU

国民感情は悪くない。

しかし軍事力がアメリカほど強大ではない。

また、遠い。何よりEUにメリットがない。

結局アメリカに落ち着く。

 

(4)日本ファースト

核の保有・軍事力の増強が出来るかどうか。

しかし軍事予算を組むことは困難。

高齢化・経済成長遅い・大量の借金。お金を軍事費に割けない。

軍事化すると大国から非難がくる可能性が非常に高い。

 

3.アメリカ側から見る

(1)日本の優先順位は下がっている

冷戦が終わり日本の不沈空母の価値が低下した。

(2)アメリカは自国ファーストでも生きていける

アメリカは広く、石油生産があり、人口も増えている。

(3)同盟候補国は多くある

日本である必要はない。

今は不仲だが中国でさえ可能性はある。

理由は留学生。中国からアメリカに学びに行く学生は非常に多い。

対等に話し合うことは出来る?

 

4.日本がやるべきこと

グローバリゼーションへの貢献が不可欠。

世界から必要とされる国になることが唯一の道。

日本は製造業のモノづくりに固執しすぎ、新しい産業を生み出せていない。

GAFAを生み出すのに必要なのは女性・ダイバーシティ・高学歴(人・本・旅)。

 

 

地政学で日本を考えると、非常に難しい立場にいることが分かります。

このリアルをもっと多くの人に知ってもらいたい。

世界に貢献出来る国になるよう僕も日々学ばなければ。

 

 

教養としての「地政学」入門

教養としての「地政学」入門

 

 

 

 

18 自分の頭で考える日本の論点 出口治明

自分の頭で考える日本の論点 (幻冬舎新書) 読了。

 

「きちんと書かれたテキストを一字一句丁寧に読み込んで、著者の思考プロセスを追体験することによってしか人間の思考力は鍛えられない」

 

この言葉は哲学者である木田元さんの言葉です。出口さんの他の著書の中で古典を読む意義として紹介されています。

 

ご自身の著書を「古典のつもりで読め」とおっしゃっているわけではないと思いますが、前書きで思考のプロセスをまず共有していただきたいとあります。

本書は出口さんの思考のプロセスを共有し、思考力を鍛えられる本です。

 

日本の論点について書かれており、各論点毎に「基礎知識」と「自分の頭で考える」と分けてあり読みやすい。

出口さんの豊富な知識と論理に触れることができ非常に学べることが多い本です。

読み終わった後は頭のレベルが上がったように思えます。

 

ただ、1番身に染みたのは知識の重要性と自身の知識の無さです…

 

思考力というと考える能力という部分がピックアップされがちですが、考えるに当たっては基礎知識がないと考えられません。

タテ・ヨコとの比較も、過去・海外が日本と比べてどうなのかが分からないと比較のしようがありません。

本書でも考えるためには、武器となる「基礎知識」が必要です。とあります。

 

考えることは重要だが、知識がないと考えられない。

これを肝に銘じ、日々学んでいきたいです。

まずは本書で紹介された本を読んでいきます。

 

自分の頭で考える日本の論点 (幻冬舎新書)



 

17 新・所得倍増論

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論―潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋 デービッド・アトキンソン 「新日本論」シリーズ

 

APU学長の出口治明さんがご紹介されていた『新・所得倍増論』を読みました。

 

少し前の本ですが、日本の経済の現状・理由をデータを基に、詳細に記述されています。

曖昧に日本の経済は世界のトップクラスだと言っている人は皆論破されるはず。

 

ポイントは

  • 日本はGDPを総額で考えているという点
  • GDPの総額は人口が重要だという点

 

日本は数年前に中国にGDPを抜かれました。

しかし、「人口が多いからでしょ?」と考えている人も多いと思います。

それは事実ですが逆もしかり。

日本がGDPで世界2位になったのは人口が増加していたから。

もちろん生産性のような他の要員もありますが、考えれば当たり前。

 

だとすると、総額ではなく1人あたりを考えていくことが必要。

日本は総額では3位ですが、1人あたりで考えると27位。

受け入れ難い数字です。

これからは1人あたりを目標にすべきとわかります。

 

じゃあどうやって1人あたりGDP(生産性)を上げていくのかということですが、それは本書にて。

 

・今後はアメリカより欧州を手本にすべき

・移民政策は必要だが簡単ではない

など非常に有益な情報が多かったです。

出口治明さんがいつもおっしゃるように数字、ファクト、ロジックで説明されると分かりやすいですね(そして反論できない)。

 

著者の本をもっと読みたくなりました。

 

 

 

 

16 16歳からのはじめてのゲーム理論 鎌田雄一郎

16歳からのはじめてのゲーム理論――"世の中の意思決定"を解き明かす6.5個の物語

読了。

 

日経新聞の書評でサイエンスライター竹内薫さんが2020/8/20で紹介された本です。

2020年の3冊にも選んでいらっしゃいます。

 

ゲーム理論とは、著者の鎌田さんが言うには

『考え悩む人が、考え悩む人たちの社会の中で、どうやって考え悩むのか、どうやって意思決定するのか、それを研究する学問』。

 

この、慣れていない人にはよく分からない学問について、ショートストーリーを用いて分かりやすく説明してあります。

 

自分が悩んでいる時は、自分だけ悩んでいると思いがちだが周りも同様に悩んでいる。

この忘れがちな事実をしっかり認識できます。

 

逆に自分が他人の行動を考えているのと同様に、他人も周りの行動を考えていることもわかります。

多数決でも正直に投票しなかったりするのは、周りを考えすぎているのが理由なんですね。

 

昨年、僕が大好きだった俳優さんが亡くなりました。

その時、どんな華々しい世界でも本人はそう見えなくても苦悩はあるという痛感しました。

 

周りも悩み考えている1人の人間。

この事実を忘れないようにしたいですね。

 

 

 

 

15 おいしい人生を生きる授業 出口治明

「おいしい人生」を生きるための授業

 

出口さんの主張はいつも一貫しています。

備忘録も含め整理したいと思います。

 

人生における時間のうち仕事(ワーク)は3割。残り(ライフ)が7割。

当然ライフの方が重要。

ワークはどうでもいいもの。ただ、ワークを適当にするわけではない。

どうでもいいものだからこそ、上司の顔色をうかがったりせず、自分がやりたいことをやる。

 

お金よりどんな生活を送りたいか。

 

やりたいことをやり遂げられる人はほとんどいない。

やり遂げられる方が稀。

でもそのチャレンジは続けた方がいい。

チャレンジを続けられた人が世の中を変えてきた。

チャレンジを続けられるかどうかは好きかどうか。


おいしい生活』とは自分の好きなことにチャレンジし自由に生きること

『おいしい料理』=新鮮な材料×作り方

おいしい生活』=知識×考える力

自分の好きなことにチャレンジし自由に生きるには「知識」と「考える力」が必要

1.知識は旺盛な好奇心を持つことで身につける

2.考える力は古典を読むと身につく(他の著書より)

考えるときのコツは

①縦(時間軸:今と昔)と横(世界:日本と他国)で比較する

②数字・ファクト・ロジックで考える

 

売上やコスト削減に貢献すると給与がもらえる

どれだけ貢献したかが全て(成果が大事)

高い給与がほしければ能力を磨いて結果を出すのみ

知識と考える力を身につけると給与も増える

 

仕事がなくなるか・どうなるかは誰にもわからない

仕事があるうちは、その仕事に一生懸命取り組む

実際になくなって身につけたもので何ができるか考える

今後日本は労働力不足になるため仕事につけない可能性は非常に低い

 

楽して稼ぐことは難しい

うまくいかなければ転職すればいい

 

仕事は変わる

むしろ変わらないと何でも澱んでいく

しかし、変わることは不安も伴う

なぜか?わからないから

勉強すれば少しずつ分かるようになる、不安が一つずつなくなっていく

 

仕事の不安=今の仕事でいいかわからない

勉強をして考える「何が好きか、何がやりたいか」

何がやりたいかはコロコロ変わる

その時にやりたいことをやる

 

やりたいことがわからない⇒当然

時間をかけて見つける

見つかるまで目の前のことを一生懸命やる

 

川の流れに流される中で

その場その場で一生懸命やっていると自然と道は開けていく

 

やりたいことがあるなら今日からやる

明日には一日分成長している

 

ITが発達しても知識が不要になることはない

自分の頭で考えるにはある程度の知識は必要

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

学生向けのためかいつもより『人・本・旅』についての記述が少なかったように感じましたが、大事なことは不変。

『学ぶ・考える・やりたいことを見つける

見つからなければ目の前のことを一生懸命やる』

主張はいつもシンプル。

将来を悲観せず、進んでいきたいですね。

 

「おいしい人生」を生きるための授業

「おいしい人生」を生きるための授業

  • 作者:出口治明
  • 発売日: 2019/03/19
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

14 会社四季報業界地図 東洋経済新報社

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

を読み、エスカレーターが上を向いている業界を探すために購入。

エスカレーターが上を向いている業界

伸びている業界のこと。何もしなくても売り上げが増えていくような業界。逆もまた然り。

 

その意味で本書は各種業界・企業が網羅されており、非常に学びの多い書籍でした。

各業界が快晴から大雨まで6つの天気図で表わされているため分かりやすい。

 

例えば20年度後半・21年度の両方が快晴の業界として「リチウムイオン電池」が挙げられます。本業界は日系企業より中国・韓国が強い業界ですね。

他には「クラウド」。ここは怪物Amazonの1強。マイクロソフト・グーグルと続いており、アメリカIT企業の強さを感じます。

両方晴れは「スマート農業」。個人的になじみの薄い業界でしたが、政府の後押しもあり、裾野が拡大しているようです。

両方大雨としては「印刷」。ネット広告の拡大による印刷減とコロナによるチラシの蒸発で当面はしんどい状況が続きそうです。特に印刷以外に目を向ける大手と中小企業の差が広がりそうです。

 

と、このように読んでも勉強になりますし、パラパラめくっても十分に面白い。

例えば、紳士服のAOKIはカラオケやネットカフェのような娯楽施設を運営していることが分かります。

在宅ワークの広がりで紳士服はしんどくなりそうですが、娯楽施設を持っているので持ちこたえられる?いや娯楽もしんどい?等考えが広がります。

 

ビジネスマンなら教養のために1冊持っておくと非常に楽しめると思います。

 

 

「会社四季報」業界地図 2021年版

「会社四季報」業界地図 2021年版

 

 

 

 

 

『日本人の9割に英語はいらない』 成毛眞

日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)

 

以前購入したが、途中で止まっていた。

英語を勉強している今、あえて反対の意見も見ておきたいと思い再読。

 

著者は元マイクロソフト社長であり、HONZ代表である成毛眞さん。

 

タイトルを見ると英語不要論を唱える書籍に見えるが一番の主張は違う。

成毛さんが言いたいのはシンプルで『本を読もう』。

思考停止をして「とりあえず英語を学んでおけばなんとかなる」という考えに警鐘を鳴らしている。

英語よりも読書で教養を身に着ける方が先、という主張。

 

ーーーーー引用ーーーーー

大人になった今、学問に目覚めよう。

 

学問は出世や就職のための道具ではない。

英語は単なる道具であり、身につけても生きる力までは養えない。学び問えない勉強なのである。

 

語学ができても、思想や哲学までは養えない。コミュニケーションは、やはり思想や哲学、知識があってこそうまくなるものである。

…だから英語を学ぶのは最後でいい。その前に学ぶべきことは山ほどあるはずである。

@『毎日の英文法』のバーダマン先生もおっしゃっていた。

 

日本の古典から学べるのは日本人独特の感性であり、思想である。

…教養とは、自分が生まれ育った国の思想や哲学、感性などをはぐくむために必要なのである。

@成毛さんは古典より新しいものを読めという主張が多いが違う。古典でも定番中の定番は読んで当然ということなのだろうか。

 

英会話を習うより、本を読め!

 

立花隆さんの主張)

人生の残り時間を確認しながら、最大の成果を得られるように計画を作るしかない。(そのためには)知識の系統樹が頭に入っていることが大切だ…読者に勧める読書法は「巨大書店の書棚をすべて隅から隅まで見て回ることです」。まったく同感である。

 

----------

英語についてモチベーションが下がることが書いてあったらどうしようという気持ちであったが、読書が重要だという、いつもの成毛さんで安心した 笑

 

英語を勉強している人、始めようとしている人にあえて読んで欲しい。

 

引用の最後は立花隆さん、佐藤優さん共著のぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書) より。

速攻で買ったので改めて紹介したい。

 

日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)